前世療法とは・前世療法を受ける時期・      前世療法の準備をするための本とCD

Q. 前世療法とはどのような施術ですか?

      現世のみを扱っては見つけにくい生き方のくせを探ったり、

 現在抱えている課題(病気や人間関係など)の悩みのルーツを

 探ることでそれらの改善をもたらそうとする治療法です。

 退行催眠療法の一部です。 

Q. 前世療法はいつ受けるのがよいのでしょうか?

以下は、私の個人的な考えです。

 

前世療法は、潜在意識のふたを大きくあけて治療する、いわば心の外科手術です。治療法と相性が合えば現世での問題を解決する助けになります。

 

前世療法はいつ受けてもいいのですが、最終的に向き合うのは現世での自分の人生であり、現状やこれからの人生をどうにかしたい、という強い気持ちになったときにお受けになると特に効果が上がります。

 

施術者の考え方にもよりますが、私の場合、現在医療的な治療を受けているかいないか、ということは特に問いません。

 

医療的な治療をお受けになっている場合、例えば、現在精神科でのご治療をお受けになっている場合には、カウンセリングなどの様々な現世的な治療を試し、自分の気持ちや状況を整理したり言葉にできるようになったけれど、それでも楽にならない、とか、楽にはなってはきたけれど、前世を見ることでもう一歩治療が前に進むのではないか、と考えられる場合にお勧めすることが多いです。前世を見ることは必ずしも楽なことではないので、心の準備ができたときに行うことがよいのではないかと考えているためです。

 

一般的に前世というと好奇心をかきたてられますが、前世の記憶を治療法として用いるときには、苦しみの原因を探るために、過去の辛い経験に戻らなければならないことがあります。

 

例えば、愛する人を喪った経験を、その時の強い悲しみとともに思い出すのは勇気のいることです。また、今世では被害者でも前世では加害者の経験をしていることもあります。自分が加害者としての経験をしているなんて、もしかしたら辛すぎてすぐには受け入れることができないかもしれません。それでも前世を見たってかまわない、という気持ちになるときには、前世とつながるタイミングが来たと言えるかもしれません。

 

ただ、状況にもよりますので、詳しくは医師にご相談ください。

Q. 前世療法の準備をする上で、おすすめの本やCDはありますか?

ここでは2冊の本と、CDをご紹介いたします。

 

1.ブライアン・L.ワイス『前世療法』PHP研究所。199609月。ISBN9784569569321

 

 基本の一冊です。いろいろな治療を試してもよくならなかったキャサリンが、前世の記憶を思い出すことで癒えていく、というお話。ワイス先生がどのように前世療法に導かれていったかについても記載があります。キャサリンと出会ってから約30年後の現在のワイス先生は、この本を書いた時よりもさらに研究を重ね、スピリチュアルなことについても独自な考えをお持ちです。その思慮深さとお心の広さに、同じ医療者として頭が下がります。

 

2.ブライアン・L.ワイス『魂の伴侶ーソウルメイト』

PHP研究所。199908月。 ISBN9784569573090

 

 ワイス先生の患者で互いに見ず知らずの男女が、実は過去生で親子で、ワイス先生と天の計らいで遂に数千年ぶりの出会いを果たし、今世で夫婦になるという実話。この本を読んだときには本当に驚きましたが、このような不思議な出会いは似たような形で私の患者様・クライアント様にも起きています。

 

 3. ブライアン・L.ワイス『ワイス博士の前世療法(瞑想CDブック)』PHP研究所。2006年6月。

ISBN-10: 4569652530 ISBN-13: 978-45696525

 

 ワイス先生の声で前世まで導かれる瞑想CDです。山川ご夫妻の日本語の朗読もついています。

 

 ワイス先生の声が素晴らしいので、個人的には、日本語を読む・または聞いてから、ワイス先生の声で前世まで行ってみることをお勧めします。

 

 瞑想が初めての方は、聞いているだけで寝てしまうことが多いです。日頃のストレスから解き放たれ、心と体がリラックスするためです。寝てしまっても全く問題ありません。疲れが癒えてくると、次第に前世のビジョンを見る回数が増えてきます。

 

 このように、瞑想CDを聞くことはストレス治療としての意味もあるため、続けて聞くうちに、体調がよくなり、安心したり朗らかな気持ちが増えてくることが多いです。詳しくは医師までお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

註:本ホームページ上の具体例は全て、ご本人様の許可を得て掲載しております。

リバーサイドメンタルクリニックのHPはこちら

 

リバーサイドメンタルクリニックのブログはこちら

 

 

このビデオは、米国NY州にあるOmega Instituteにて行われたワイス先生のワークショップの模様が配信されたものです。ワイス先生が短い講演と集団退行催眠(Group regression)を行っています。