前世療法をお受けになるにあたって

Q.施術はどのような場所で行うのでしょうか。

 

当院ではベッドの上に横になって施術をお受けいただきます。ベッドには枕、かけ布団(と毛布)が用意してあります。

 

かけ布団の上に直接横たわり施術をお受けになる方もありますし、かけ布団をかけてお受けになる方もおいでになります。ご自身にとって居心地が良いほうをお選びいただければ大丈夫です。

 

 

Q. どのような服装が望ましいでしょうか?

 

施術中はなるべくリラックスした状態を作り出すことが大切であるため、なるべく体を締め付けない服が望ましいです。ベッドに横たわったり、お布団の中にもぐることもあるため、あまりしわにならないような服のほうがよろしいかもしれません。

 

 

Q. どのようなヘアスタイルが望ましいでしょうか?

 

施術をお受けになるにあたり、望ましいヘアスタイルなどは特に定めてはおりません。ただ、頭を枕につけることになるため、髪を後ろにまとめておられる場合はほどいていただくことになります。

 

 

Q. メイクはしてきても大丈夫でしょうか?

 

メイクはしてきていただいて問題ありません。ただ、施術中に涙が出ることがあり、マスカラをお付けになっているとにじんでしまうことがあるためなるべく避けたほうがよいかもしれません。施術後、メイク直しをしていただけますのでご安心ください。

 

 

Q. アイマスクは使えますか?

 

昼間の施術では、カーテンを閉めたり、ベッドの位置などを調整するなどしてなるべく暗めに調整してはおりますが、中にはそれでもまぶしく感じてしまう方がおいでになります。その場合、夕方以降の施術をお勧めいたします。

 

アイマスクをご希望される方もおられるのですが、誠に恐縮ながら、セラピストがクライアントの目の状態を見て心の状態を推測することがあるため、お勧めしておりません。

 

Q. ヒーリングのために院内でアロマやお香を焚いたりすることはありますか?

ヒーリングを行う施設では、アロマやお香を焚くことが行われていますが、当院では行っておりません。というのも、患者さんの中に香りに繊細になっておられる方がおいでになるためです。例えば、

 

1. がんの化学療法などの副作用で香りに繊細になってしまうことがあり、アロマやお香の香りで辛くなってしまうことがあります。

 

2. 嗅覚は記憶と強く結びついているため、香りによっては

    その方の過去のトラウマの記憶が誘発されてしまうことがあります。

 

アロマやお香は焚けませんが、日当たりがよく風通しのよいお部屋ですので、お天気の良い日には、お日様の柔らかい日差しや風のそよめきを楽しむことができます。お部屋からの広々とした眺めは気持ちを大きくしてくれるかもしれません。よろしければ五感を使って感じてみてください。そうすると、アロマと同様、気持ちが落ち着いてきますので、治療的な効果を期待できるようになります。

 

 

リバーサイドメンタルクリニックのHPはこちら

 

リバーサイドメンタルクリニックのブログはこちら

 

 

このビデオは、米国NY州にあるOmega Instituteにて行われたワイス先生のワークショップの模様が配信されたものです。ワイス先生が短い講演と集団退行催眠(Group regression)を行っています。