前世療法の感想(施術前)⑬:                     愛する人に裏切られたとき

 

セラピストからのコメント:

 

数あるご相談の中でも、愛する人に裏切られた、裏切り続けられたということは、文字通り苦悩となることが多いです。相手への恋情や気持ちがありながら、同時に怒りもあるため、自分の気持ちの収まりどころがわからなくなるということが主な理由です。

苦しみの元になる主な感情の一つは怒りです。

憤怒となった怒りが次から次へとわき上がって、どんなに収めようとしても思う通りになりません。

相手や自分を責めても責めても終わりがない。

長らく相手の裏切りを我慢した経験がある場合には、相手に自分の人生を無駄にされた、というさらなる怒りを誘発します。

こんな苦しみ終わらせたいと思いながらも、相手を許せない自分にも腹が立ちます。

相手の裏切りを知ったとき、すぐに相手が誠実に対応してくださればまだよいのかもしれませんが、そのようなケースはあまり多くはありませんし、それでも深く傷つくことには変わりありません。相手の言動に傷つくことも多いですし、それがトラウマになってしまうこともあります。

今回感想をお書きいただいた大島由美子さんのケースはそのようなご相談の一つです。

下記のように、大島さんは当初前世療法をご希望でしたが、私はもう少しカウンセリングや他の治療で様子をみることをお勧めしました。

大島さんの場合、これまで悩みを人に相談することがあまりなかったため、十分おつらい気持ちを吐き出せていないと感じたからです。

特に似たような状況をご経験された方には手に取るように想像できると思うのですが、大島さんの場合、これまでの人生でご苦労されることが多かった分、様々な理由で今回のお相手とのご結婚にかける期待が大きく膨らみきっていました。「今度こそ幸せになれるはず」という期待が裏切られた時に、期待が破裂し、同時に強い怒りが憤怒となって吹き出してしまったのです。

怒りはわくけれど、彼から離れられない。相手の方が修復を試みても、一緒に暮らす彼に対する疑いばかりがわいて信じられない。この気持ちを吐き出し心を整理していない状態で前世療法を受けても、本来の効果は得られないと考えます。というのは、見た内容によっては、更なる怒りが誘発されることも考えられるため、ある程度、怒りに飲まれず、怒りがわいてもそれに対処できる状態になっていないと、見た内容にまで怒りがわいて止まらなくなってしまい、逆効果になってしまう可能性があるからです。

特に大島さんの場合、心の傷がまだ癒えていないためまだ心から信じることはできないのですが、現在お相手の方が修復を試みて努力しておいでです。 大島さんご自身も、苦しみながらもやり直せるものならやり直したいと思っておられるため、なるべく夫婦の間の対立を減らしながら治療を進めることにしたのです。

ところで、相手を責める気持ちがわくのは自然なことですのでセラピストまでご相談ください。ただ、 今回のケースではありませんが、「自分は過去の経験から何を学ぶのか、それを元に自分は今世ではどうするのか」という視点がなければ前世療法になりません。前世療法をご希望される方の中には、まれに、ご本人が自覚するしないに関わらず、裏切った相手を責める根拠を見つける目的で受けようとする方もおいでになることは否めません。そのような場合には恐縮ながら施術をお断りせざるを得ませんのでご留意くださいね。

 

 

 

大島 由美子(おおしま ゆみこ。仮名)52歳 女性。茨城県。

 

   前世療法を知ったきっかけ

受診している精神科の主治医に勧められた。(今回はまずカウンセリングから)

 

   前世療法を受けようと思った理由

精神科に通院していて、信頼している主治医から勧められたことと、

自分の中の苦しみから、何かの方法で抜け出せることなら、なんでも受けてみたいという必死な気持ちと、自分の今の苦しみが心の奥深い部分に起因しているのではないかと、医師との話の中で感じていたので、ぜひ受けたいと思いました。

 

   これまで他院で前世療法を受けたことがあるか?

まったくありません。

 

   前世療法をについてどのような印象を持っていたか?

まったく先入観はなく、先生の説明と本(ワイス博士の)の内容から今は凄く興味深く納得し前世療法を受けることに対し前向きな気持ち、そういう印象でいます。

 

   前世療法を受ける前にどのような準備をしたか?

医師から勧められたワイス博士の前世療法の本、CDを聴いています。

 

   どのような気持ちで(心構えで)受けたか?

今の苦しみからどうにかして逃れたい。主人との問題が発端ですが、どうしてこんなに主人を許すことができなくなったのか?知りたいです。前のように、希望を持って生きていきたい。

そして、私の生きてきた(苦しみながらも我慢してきた)これまでの意味、この先の生きていく意味、存在する意味・・人の痛みを分かりながら生きてきたつもりでしたが、いつも裏切られるのは、何故なのか。報われない人生を過ごしていくのは何故なのか?

それらを知りたいと、真剣に思っています。

 

   ⑧については、今回はカウンセリングでしたので

将来、前世療法を受けた後に改めて、書かせていただきます。

 

 

★受けた後の心の変化

今回は、カウンセリングを受けさせていただきました。

今後よいタイミングで、前世療法を受けさせていただく予定です。

今回は、カウンセリングの感想を書かせていただきます。

 

いつも病院では限られた時間(それでもいつも時間オーバーしながらも聞いていただいていましたが)の中でのお話で、ゆっくりと今の思いや、気持ちの変動などをお伝えすることが難しかったのですが、今回、初めての前世療法センターでのカウンセリングで、時間が少しでも長く聞いていただけることに、まず凄く有難かったです。

 

私は、昨年夏に主人と再婚したものですが、その再婚直前に主人の裏切りを知ってしまい、それまで慎重にお付き合いを重ねてきて主人を信頼に値する人だと信じ切っていたので、裏切りを知ったときは、いろんな感情が巡り言いようのない怒りの感情、そして、自分に対しても「どうしたら、この人を許せるのだろう」そればかりを考えていたように思います。なぜかというと、もう、再婚は決まっていたことで周知の祝福も受けていたこと、そして遠方に住んでいた私は引越しの日程も決まり、職場の退職の日もすべて決まり、引き返すことができなかった・・再婚を辞める勇気が何故もてなかったのか・・悔やまれては、「こんなはずではなかった」と。怒りの矛先が、すべて主人に向いていきました。それまでの我慢を重ねた私の人生そのものを主人のその一つの裏切りで全否定されたように感じてしまったのです。

それと同時に、引越しまで、なんとか主人を許さなければ新しい生活が始まっても「幸せには暮らせない」という思いもあり、引越し、主人と再婚するなら、主人もそれを望んでいるなら、いの一番に誠心誠意「謝ってくれる」と思っていましたし、それを望んでいました。しかし、彼は、何もしてくれなかった。

引越しまでの間も、なんとか関係性を修復しようといろんな方法を考えては彼にお願いしてきました。「あなたのしたことだから、あなたしか私のこの気持ちを払拭できる人はいないから・・・私が納得できるように説得してほしい」そんなことまで、言わないといけない状態になっていました。彼は、なにもしてくれません。

何故、裏切りがバレた時、すぐに謝ってくれなかったのか?

 

それでも、ここに引っ越してきてしまったのは私です。

ここに来て、本当にもっと嫌なものを見ました。

彼と、前の女性との関係のいろいろな描写があるものがパソコン上に残っていました。

他にも、多々あります。

 

日々、おかしくなっていく精神状態がありました。

彼の「なにが悪いの?」という態度とそれと同様の言葉の数々に、私の心が壊れてしまいました。ある日を境に、彼に暴言暴力、を私がしてしまうようになりました。

暴力をふるうと同時に、自分も傷つきます。

「死ぬか、殺すか」「私には息子がいるから・・できない」その思考の繰り返しでした。あるときは、そういう自分が嫌で嫌で、自分の存在が許せず、泣けて泣けて仕方ない状態でした。

夜は、いつも悲しい夢を見て泣きながら起きる・・ほとんど眠れていなかったと思います。

 

本当に、このままでは事件を起こしてしまうのではないかという不安にかられ

自分から、心療内科に赴きました。彼は何もしてくれませんでした。

 

心療内科にいき、でも、何かの限界だったのかその日のうちに、路上で彼に対して大暴れをし近くにいた人たちの促しでやっと彼が動いたという状況でした。

 

そこで、あい先生とお会いし現在に至ります。

 

先生との診察の中で、私は、自分の育ってきた家庭にも問題があったのだと今でははっきり思っています。

あることで(家庭の都合で)、家族の中から「はみ出て」しまった私は、それでも自分の力で「幸せ」になればそれで誰も恨まずに済むんだ。という気持ちで生きてきましたが、凄くしんどかった・・今思えば、疲れ切っていました。

 

そして、これは今もですが自分に対して「自信」がまったく持てません。

仕事もできない訳じゃないのに、以前は誰よりも前向きに頑張る自分だったのに

今は、何をしていても「何もしたくなくなる」のです。

 

もう頑張れない・・と思っているような、歳とともに弱くなっているときに彼と知り合ったのだと思います。

 

それでも、少しでも何かの役に立ちたいという思いから、40過ぎて看護師になり、なにかで「お役にたてる」ことに自分の存在を認識できる気もしています。

ただ、この先一人ではいたくない・・・そういう自信のなさはまだ消えません。

 

長くなりましたが、先生に話を聴いていただき、「あなたがここにいる意味、あなたが仕事をする意味は必ずなにかあるはずだから」と先生に言っていただくことで凄く救われました。その言葉は私の「自信」にも繋がります。

先生が、いつも気にしてくださいますが、何事もハッキリと聞いてくださること、投げかけてくださる先生からの質問は、私にとって、「ハッと」する気づきはあっても、傷つくようなことは一切ありません。

気遣ってくださるお気持ちは凄く有難く感じます。

先生からの尊重してくださる気持ちを感じることで、信頼感が生まれていくのだと思っています。それは本当に感謝です。

 

そして、「では、なぜそこまで許せない彼とまだ一緒にいるのでしょう?」と先生から聞かれたとき、自分ではまだ答えが分からないことに気づきました。

何故なのか・・・経済的なこともある、周りの人たちをガッカリさせる、また一人で仕事に打ち込み働いていける自信がない(年齢的なこともあり)

それだけの理由なのか?分かりません。

 

それと、先日のカウンセリングで気づいたことは、

今のわたし自身、まだ何かに無理をしているんだ・・・ということです。

先生と話してる中で「いま、仕事に出ていることも、何をしていることも辛くてしんどい。何故だかわからない。できれば何もしたくない・そんな時間がほしい」と

先生に、あの場で訴えたこと、後で考えれば、その気持ちが今の私のありのままの気持ちなのかもしれません。

ただただ、この今の苦しみからは、逃れたい。

前世を知ることで「今の自分の存在の意味」があるのなら、知りたいです。

その何かに希望を持って、前世療法を受ける日を楽しみにしております。

 

 

どうか、よろしくお願いいたします。

リバーサイドメンタルクリニックのHPはこちら

 

リバーサイドメンタルクリニックのブログはこちら

 

 

このビデオは、米国NY州にあるOmega Instituteにて行われたワイス先生のワークショップの模様が配信されたものです。ワイス先生が短い講演と集団退行催眠(Group regression)を行っています。