前世療法後の注意点、期待される効果、可能性のある副作用について

1.前世を見た後は、潜在意識が解放され、通常の日常生活とは異なるボーっとした状態になります。そのため、治療後はなるべく予定を入れずゆっくりと過ごされることをお勧めいたします。車・バイク等の乗り物の運転はなるべく控えてください。

また、基本的に施術の翌日はお仕事を入れずに自宅でゆっくり過ごされることをお勧めしております。

 

2.催眠中はリラックス状態になるため副交感神経が活発になり、のどが渇きやすくなります。治療後は水分補給をしっかり行ってください。

 

3.お薬を飲んでおられる方は、通常通り服用してください。

 

前世療法による副作用としては、

 

・ボーっとする:潜在意識が開放されるためです。

・体がリラックスするため、体に力が入りにくかったり、

   普段自覚していなかった疲れや、体のだるさなどを感じる

   ことがあります。

・眠気

・頭痛

・めまい

・普段と意識状態が変化するため、部屋に何かがいるような

 気がして鳥肌が立つ。

・霊感が増す。

・お腹が緩む:施術により副交感神経が活発になるためです。

・宿便が出る:黒い便となってお腹が緩み、下痢のような形で

 出ることがあります。体の中から老廃物が出ていくような

 感覚があると言う方もおられます。

・五感が鋭くなり、今まで気にならなかったことが気になるようになる。例えば、今まで気にならなかった音が雑音に感じて頭痛が生じたり、今まで気にならなかった部屋の汚れが気になったりすることがある。

・2-3日寝込む(寝込むものの、心身が癒えていることは実感としてわかるので、あまり混乱することはないことがほとんどです)。

・抑えていた感情を解放するため、感情が繊細になることがあります。普段ならどうということもないことで感情が強く反応し、例えば、ムカッとしたり怒りを覚えることがあります。このような時には、例えばムカッとしても、副作用だと考えていただき、怒りに反応して人や物にあたらないようにしましょう。ゆっくりと休んでいただくと落ち着いてきます。

 

・施術に慣れたからと思って、施術の翌日に仕事を入れたら、いつもはかわせる上司からの叱責が心に刺さって、深く傷ついて動揺して涙が止まらなくなった。

 

施術の翌日にお仕事を入れると、上司に言われた注意などが強く響いてしまうことがあります。施術の翌日はお休みされてご自宅でゆっくり過ごされるのが理想的ではありますが、それが難しい場合には、前日に睡眠を十分とっていただき、仕事中に心に刺さることがあっても、副作用だと考えてスルーしてください。睡眠を十分とっていただき、数日たつと落ち着いてきますが、それでもおつらい場合にはご連絡をいただけますと幸いです。

 

 

・感情があふれる。

場合によって自分でもどうしたらよいかわからなくなるほどの強さのこともあります。特に失った悲しみを思い出したときには、その人を失って悲しかった、というその感情のあまりの強さのためにボーっとしてしまい、時に涙が止まらなくなることがあります。 このような時には、無理に日常生活に戻ろうとせずに、悲しみが癒えるプロセスだと考えて、ゆったりと過ごしてください。それでもおつらいときには医師までご相談ください。

 

等があります。どれもゆっくり休んでいただければ当日から数日内には治まります。頭痛などがつらい場合にはお薬で対応してください。

 

また、苦しみから急に解き放たれるため、幸せな気持ちは感じつつも、どこに手を伸ばしていいのかわからないような、宙ぶらりんな気持ちを味わうことがあります。これは回復をしていく上での正常な過程ですが、このような気持ちを味わわれたら、お早めに医師にご相談ください。

 

 

ポジティブな変化としては

・直感が鋭くなる

・感覚が敏感になる

・共時性(偶然の一致)を体験する

・心身の症状が和らぐ

・自分のなかから答えがみつかる

・生まれ変わった気分になり、周りの環境全てが新しく感じる。

・体が軽く感じる

・潜在意識の蓋がバァッとひらかれ、そこからいらないものがぼろぼろ

 と出ていった感覚がする。汚れたものが出て行って浄化された、と表現する方もおいでです。

・治療後、現世、前世での記憶を思い出す。それらの記憶に伴う

   いろいろな感情を思い出す。(自分の抱える課題を解決する鍵が

   含まれている場合があるので書き留めておかれることをお勧めい

   たします)。夜寝ているときに別の前世を思い出すこともあります。 思い出された記憶でつらくなってしまった場合には

   医師までご連絡ください。

・心の中が整理されすっきりするため、部屋を片付けたくなったり、

 片付けられるようになる。

・前世の性格が戻ってくる。

 

等があります。記憶の書き換えによる変化は一般的にゆっくりと生じます。

 

他にも、

・(前世を思い出し、その時の体験を理解したことにより)嗜好が変わる。例:肉がだめになる。

 

また、患者様の中には、前世の記憶を思い出したことにより身体が反応し、以下のような強い反応がでたケースもあります。当院でフォローアップを行って落ち着かれていますのでご安心ください。

 

・(抑えていた前世の感情(罪悪感)のため)朝起きたら首が  痛みで回らなくなった。

 

(抑えていた前世の感情があふれ)数日間声が出なく

  なった。

 

もし施術後の体調の変化についてご不安がありましたら、どうぞお早めにご連絡ください。

 

なるべく早めの対応をと心掛けてはおりますが、諸事情で2-3日かかることもあります。誠に恐縮ですがご了承いただけますと幸いです。

 

リバーサイドメンタルクリニックのHPはこちら

 

リバーサイドメンタルクリニックのブログはこちら

 

 

このビデオは、米国NY州にあるOmega Instituteにて行われたワイス先生のワークショップの模様が配信されたものです。ワイス先生が短い講演と集団退行催眠(Group regression)を行っています。