前世療法の感想⑨ 前世療法の準備段階で思いがけず前世の記憶があふれてしまった時の対応 その1

セラピストからのコメント:

三人の小中学生の子供たちと病後(脳出血)の夫を抱えて生活する山川 緑さんがカウンセリングの感想を書いてくださいました。

 

緑さんは、大切な子供たちと信頼関係を築きたい、夫との関係を良好にしたいというお気持ちで日々の課題に向き合っておられます。感想には現在のお気持ちがとても丁寧に書かれていますね。

 

ここまで自分や自分の周囲の状況を見つめられるようになるには、これまでたくさん悩まれたのだと思います。

 

前世療法の準備段階では、前世療法のCDを聴かれることをお勧めしています。このCDは、聴いている方のほとんどが途中で眠くなってしまうのですが、緑さんの場合には違っていました。これまで瞑想などはあまりご経験がなかったのですが、CDを聞き始めてしばらくしたときに、どんどん、前世の記憶が鮮明に甦り、記憶に伴う強い感情がわき上がり、気持ちがあふれてご自身でもどうしたらよいかわからないほどになってしまいました。

 

前世療法の準備段階で思いがけず見えてしまったビジョンについて、戸惑いや不安が生じた場合には、どうぞお早めにセラピストまでご連絡ください。ご状況を伺いながら、その後の対応を検討させていただきます。

 

緑さんの場合、診察の際にこの状況をお話いただきました。当初はカウンセリングでしばらく様子をみる予定でしたが、予定を早めて近々、前世療法を行うことになりました。 どんな人生が待っているのでしょうね。こちらもどうぞお楽しみに。

 

 

 

山川 緑(仮名) 38才 女性 東京都

1.
これまでの病歴


物心ついた頃から、人の顔色を伺う様になっていました。
1
番の理由は、父親からの暴言にあったと思われます。
機嫌の良い時は「緑は可愛いなぁ~」と、抱きしめてくれましたが、
機嫌の悪い時、成績が悪い時の暴言には大変傷付きました。
何か意見を言うと「ぐちぐち生意気言うな!」、
悲しくなって泣くと「メソメソ泣くんじゃない!」と言われ、
いつしか、「良い子でいなくっちゃ、勉強が出来る子でいなくっちゃ、もっともっと頑張らなくちゃ」と、もがく人生になっていったのでした。
兄は、勉強も出来るし要領も良かったのですが、それでも父親からの暴言に傷付いていたのでしょう。
影で私をいじめたり、性的ないたずらをする時期もありました。
そんな兄の事を、母に言おうと思ってはいましたが、母は兄を可愛がっていたので、きっと私の言う事なんて、逆に跳ね返されるだろうと感じ、本音は飲み込む癖がついていきました。

母に本音を言えない、もう一つの理由。
それは、小学校低学年の時に近所の仲良しのお兄ちゃんに、性的なイタズラをされたこと。
物凄く気持ち悪くって、苦しかったと母に打ち明けた所、「何でそんな大事な事を言わなかったのか!」と凄い剣幕で怒られました。
その時が初めてでしょうか、本音をいう事の怖さを知ったのは。
それからの人生は、「嬉しい」「楽しい」の感情のみ、出す様になっていったのです。
「悲しい」「怒りたい」の感情は封印して。

成人して早い時期に、縁あって父の雰囲気にとても似た、今の夫と結婚しました。
何不自由無い生活。自分も大人になった事から、父親とも大人対大人として向き合おうと思い始めていた矢先の、父の突然死。
ショックでした。
本当は、父の事が大好きだった。
受け入れて欲しかった。
その思いで心が凍りついていた矢先の、長女の妊娠。
24
才で母親になり、無我夢中で育児をしてきました。
「良い親にならなくちゃ」「もっと!もっと!」と、頑張り続けたある日、突然、台所に立てなくなり、泣きたいのに涙も出ない、息を吸っているのすら辛い状態になり、その時初めてメンタルクリニックを受診しました。
病名は鬱病。


夫の子育て論や、義両親との関係にも疲れ、症状も良くなったり悪くなったりの繰り返し。
夫も、かなりの苛立ちがあったのでしょう。
大きな声で怒鳴る事も増えていき、それに怯えて、ますます自分の殻に閉じこもっていきました。
幾つかのメンタルクリニックとカウンセリング施設を経由した頃、夫が脳の病に倒れ、闘病生活。
三人の子育てと、仲の悪い義両親の仲裁、愚痴聞き。
夫の病院へ通いつつの、やり慣れない役所まわり、各種手続きの日々。
一時は車に乗せた子供達と、「このままブレーキをかけずにいたら、楽になれるんじゃないか」と思い詰めるまでになりましたが、先生の心に響くお言葉の数々に、時には面食らい時には涙し、時には笑い、少しずつ心の傷も癒えていきました。
やっとあれから一年が経過したところです。

 

 

2.今回カウンセリングを受けようと思った理由
今現在お世話になる、精神科の主治医でもある、あい先生に
勧められたのもありますが、今までの生育歴での、考え方の歪みや、
これからの人生に向けての何かきっかけになれば、と感じたのもあります。


3.これまで、他院でカウンセリングを受けた事があるか

最初のメンタルクリニックで、一年。
違う先生に、二年。
カウンセリング施設にて、一年。
違う先生に半年お世話になりました。


4.どの様な気持ちで受けたか?

クリニックではお世話になっていましたが、今回は新しい場所
なので、多少の緊張はありました。
自分の思いや、考え方の整理をするのに、支えて頂いているという感情で
受けました。


5.カウンセリングの内容

来月から職場復帰する夫を、どの様に支えていったら良いのか、
分からない不安。
また、時に短気になり怒鳴り散らす夫をみての、心の持ち様。
自分が自分の中に入っていない感覚(以前にはよくありました。)が、
現在はどうか?
自分を自分として認める為に始めた、ハンドメイドをする事に対する
心の揺らぎ。

自宅で瞑想を始めたところ、色々見えてしまった事への不安や
迷い、戸惑いの相談。


6.カウンセリングを受けて考えた事

職場復帰をするのは私では無く、夫である事をよく自覚すること。
私が何かをやって支えるのではなく、夫は、社会に支えてもらう様に
導く事。
夫婦であっても、理解して当然なのではなく、着かず離れずの距離感も
大切な事。
私は家族の為に、自分の好きな事をやる事。
私が明るく輝く事が、結果家族の為にもなる事。


7.受けたあとの心の変化

自分は今どうしたいのか、
何を思って、どう感じたのか、大分冷静にみれる様になったと思います。
ただしそう思えるのは、疲労度が軽い時。
疲労度が重い時に、どうやって乗り越えていけるかが、今後の課題だと
気がつきました。


8.
受けたあとの体の変化

自分の思いを言葉にして伝えたためか、都内に行ったからなのか、それとも当日センターへ向かう電車がたまたま緊急停車したため「予約の時間に遅れてしまう!」と焦ってしまったからなのか、疲れてしまって次の日はお布団とお友達になりました()
頭痛と腹痛もありましたが、一日ゆっくりしたら治りました。

 

 

9.今回のカウンセリングが今後の生活にどの様に役立ちそうか?
人の気持ちも勿論大切ではありますが、自分の事も同じ様に大切である事。

また、瞑想した時にみえてしまったビジョンから感じとれた思いを、現世
で乗り越えてみようか?と思える様になった事。


見えたビジョン
「牧草が生い茂る山の、かなり上の方にいる私。後方は登り斜面、前方は
下り斜面になっていて、斜面の下方向は谷になっていて、街らしき
建物がみえる。
私の正面には、薄っすら雪をかぶった山々が見える。
左手にあまり大きくない、木の小屋があり、そこに住んでいるらしい。
木の小屋の前から細い下り道が続いていて、かなり下った場所に教会が
あった。
教会では、何故か男性達のヨーデルを聴きながらお祈りをしている。
その時だけが、唯一外の人との交流できる時であり、楽しみだった。



部屋の中の場面では、男の人(恐らく父親)のあとについて、言われる
ことに従っている私。
振り返った、目鼻立ちのクッキリしたパーマ頭にヒゲをはやした男の人
をみて、風貌こそ違うものの、とっさに現在の夫だと感じた。


またある場面では、部屋の1番奥にあるベッドで、一人静かに横になる
私がいる。
母と同じく、あまり体が丈夫ではなかったらしい。
もうすぐ、死んでしまう感覚があった。
その時の強い思いが、忘れられない。

『もっと、自分の思いを出したかった。
もっと、外の世界を見てみたかった。
恋愛もしたかった。
歌も歌いたかった。
結婚して、子供達に囲まれた生活を送ってみたかった。』と。

現世では、やんちゃ坊主とおてんば娘2人に手を焼いていますが、見た
ビジョンから、これは、私が強く望んでいた事だったと感じた。
色々あるけれど、結婚もして子宝にも恵まれて、幸いにして丈夫な体を
持ち、やろうと思えばどんな事にでもチャレンジできる状態にある、今。
「さあ、これからどうする?」と前世の自分に問われている気がします。


10.今後どの様な点について相談したいと考えているか?

まだまだ、頭では分かっているけれど、体がついてこない、
また、
その逆もあるので、少しでも体と頭(思考?)が一致していけるように、
相談にのって頂きたいと思います。

 

 

11.これまで、前世療法を受けた事があるか?

ありません。

13.今後前世療法を受けようとご検討されている方は、その旨をご記載下さい。

時期は分かりませんが、カウンセリングと並行して受けたいと思います。今回は記載しませんでしたが、もう一つの、見えてしまったビジョンの方も気になるので。

 


14.当院の施術、サービスについて以下の点について、お書き添え下さい。

(1).当院を知ったきっかけ

精神科の主治医でもある先生からの紹介

(2).良いと思う点
川からの爽やかな風とともに、ゆったりした気持ちで受ける事ができました。

 


15.当院のウェブサイトについて、以下の点について、お書き添え下さい。

(1).良いと思う点

とても、見やすいと思います。

16.その他コメント

この度は、まとまりのない話にも関わらず、丁寧にお付き合い頂き、ありがとうございました。
先生の飾らないお人柄に、心底安心してカウンセリングを受ける事ができました。
先生のおっしゃる言葉は、的確な事が多く「なるほど!」と思う時を過ごす事ができました。また、よろしくお願い致します。